TOP バストアップクリームの知識 バストアップの色々な方法 バストアップクリーム人気アイテム

バストアップクリームの副作用リスクを減らして安全に育乳しましょう!

バストアップクリームの副作用ですが、一般的にバストアップサプリなどの経口摂取のものに比べるとほとんど副作用が起きないと言われています。

女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンに働きかける成分(プエラリア、ブラックコホシュ、ワイルドヤム、セイヨウカワラニンジンエキス、ザクロエキスなど)の含まれたアイテムもありますが、経皮摂取のため、大きな副作用の報告はほとんどありません。

お肌がもともと弱い人や、ある植物や食品に特定のアレルギーを持っている人は湿疹ができたりあせものようになってかぶれたりといったことがあるようです。

そうした人はバストアップクリームをバストに塗る前に腕などを使ってアレルギー反応が出ないかどうかを先に検査しておくと肌荒れのリスクを減らすことができるでしょう。

塗った箇所の脂肪を増やすという作用を持つボルフィリンなどは、塗布した後に手を洗わないと塗った手の脂肪が増えてしまう可能性もあるので、しっかりと洗うようにしましょう。

また、国内産のバストアップクリームは安全管理などのISO基準を満たした工場で生産されていることが多いので、こうしたアイテムを購入することでリスクを減らすのもひとつの方法です。


次の記事を読む ≫ バストアップクリームの使い方